【丸太町十二段家】 お茶漬けランチ、あの祇園のお店との関係

京都の御所のそば、烏丸丸太町の所に【丸太町・十二段家】があります。

marusawa (1)

テレビや雑誌でもよく【お茶漬けの発祥の店】と紹介されていて、特にお昼のランチにやっているお茶漬けセットが人気。
私としてはお茶漬けよりもこのだし巻き卵に釘付けになってしまって。

DSCF1054

まっきっきでプルンプルン、よう出しがシュミただし巻き卵。
丸太町・十二段家 お茶漬けランチ、あの祇園のお店との関係

この時は東京からのお客さんを案内した日で
ブライトンホテルからまず山田香木店へよって香道体験をしてもらい、その後、この十二段家さんにランチに行く計画を立ててみました。いづれも徒歩圏内です。
案内と言いつつほんとは自分が行きたかったところばかりなんですけどね。

13時に行ってみたら3組程、外に並んでられて
あぁどうしよか・・他にしよか、尾張屋さんの蕎麦も風情があるしそっちにしようかと迷っているうちに、あれよあれよと人が出てきました。

グッドタイミング。
中は純和風、そんなに広くないのです。お昼は予約も不可なので、12時よりも少し時間をずらしたほうがよさそうです。この日はほぼ観光客。

丸太町・十二段家 お茶漬けランチ、あの祇園のお店との関係DSCF1052

お茶漬けは美味しかったです。
なんでやろね~家で食べてもお茶漬けなんかそんなでもないのにね。

例えばカマボコもそう。
高級なかまぼこでも家で食べたら普通やのに、お蕎麦屋さんで板わざとして出てきたらめちゃおいしく感じます。

だし巻き卵も想像どうりの美味しさで、それプラス季節のお料理が一品つくのですが、この日はだいこんの炊いたのでした。かぶら蒸しくらいのトロトロさでした。

お連れしたお客さんにどう?って聞くまでもなく・・
もう京都だったらどこだっていいよって人たちばかりなので、とても楽しんでられてました。(漬物に醤油かけたら怒られる?)(足崩したら無作法?)
初日だったため、東京人はたかがお茶漬けでかなり京都にビビってました。

京都人=いけず
ザ・お茶漬け伝説は大阪人が京都人を避難するために作ったのだと
そんな話で盛り上がりつつ。

============
十二段家さんといえば あの石畳の花見小路のお店を想像されると思いましが、あそこはしゃぶしゃぶの発祥。
単純に、本店、支店の関係かと思っていたら愕然。

ぜーんぜん無関係だそうです。

なんで十二段家というかですが 歌舞伎の忠臣蔵からの由来だそうですが気になる方はホームページでご確認を。
それより、無関係だということ、それだけじゃなくてもっとややこしいのは、
このお茶漬けのほうの十二段家が花見小路にもあるらしいのです。花見小路の方が本店らしい。
つまり、十二段家は関係、無関係合わせて三軒あるんですね。

丸太町 十二段家 http://www.m-jyunidanya.com/
11時半から