土用の丑の日とは?鰻の効用とあほな話

土用の丑の日にうなぎを食べる。

よく聞く言葉ですが
子供の頃は、(いや大人まで)
土曜の牛と思っていて
なんで土曜日に牛を特別扱いして鰻を食べなあかんのやろ・・
と漠然と思ってました。

アホなんはこれだけではありません。
いまだにちゃんと干支が言えない。
十二支の
「子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥」
を子供の頃変な覚え方をしたんですね。
メーうしとらたつ・・
メーやから初めの干支は 羊だと勘違い。
その後もちゃんと言えないんです。

タイルの目地 をずっと タイルのねじ だと思っていたし
至れり尽くせりを いたせりつくせり だと思っていたし。

まだまだ発見出来てないのもいっぱいあるはず。
どうか皆さん、面倒でも指摘してくださいますよう。

土用の丑の日とは?鰻の効用とあほな話京都旅行記ブログ!ちゅか京都人ですけど・・お寺や名所・おすすめのお土産・穴場情報 

 

土用の丑の日とは?鰻の効用とあほな話京都旅行記ブログ!ちゅか京都人ですけど・・お寺や名所・おすすめのお土産・穴場情報009

2010年の土用の丑の日は 7月26日 です。
なお2010年は二の丑がないとのこと。

夏ばて防止にウナギを食べる習慣は
万葉集の歌にも読まれているほど昔からあるようです。

ビタミンA B D
鉄分 カルシウム 栄養価が高いうなぎは
疲労回復、抗酸化作用 血液循環などの健康高価が期待できる。

好きな食べ物は?と聞かれて ウナギ~!と答えるほど
鰻は大好物なのでいつでも何の日でも食べていたいです。