祇園祭 綾傘鉾の「棒振り踊り」ファンです。

祇園祭 綾傘鉾の棒振りの模様
棒を振るうことで、周囲のさまざまな災厄を祓う目的があると考えられます。
また太鼓方は二人で一つの締太鼓を、一人が手に持って受け、
もう一人がそれを打って踊りながら囃します。

P祇園祭 綾傘鉾の「棒振り踊り」7140058

P7祇園祭 綾傘鉾の「棒振り踊り」140059

・JR京都駅から地下鉄烏丸線で2つ目の四条駅が便利。

・1ヶ月間行われる祇園祭りですがメインは14~16日の宵々々山~宵山
 17日の山鉾巡行。

・山鉾巡行の時は信号機は折り曲げて片付けられる

・早い時期は各鉾の組み立ても必見 釘は使いません。

・長刀鉾のお稚児さんは神の子。
 期間中は地に足をつけてはいけないという約束。

・去年の祇園祭のちまきは翌年自分が買った山鉾に持って行って納めますが
 毎年行くわけではないので、お守りと同じく近所の神社へ

・山鉾巡行は9時から。
 四条室町から四条通り→河原町通り→御池通り→新町通りを通り各町内に戻る。

・露店・屋台は南北の通りでは、
 烏丸通、室町通、新町通、西洞院通です。八坂神社にも屋台が出ています

∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽

7月1日 – 吉符入(きっぷいり)。祭りの始まり。
7月2日 – くじ取り式。下記参照。
7月7日 – 綾傘鉾稚児社参。
7月10日 – お迎え提灯。
7月10日 – 神輿洗い。
7月10日から13日まで -山建て鉾建て。分解収納されていた山・鉾を組み上げ、懸装を施す。
7月13日 – 長刀鉾稚児社参(午前)。下記参照。
7月13日 – 久世駒形稚児社参(午後)。下記参照。
7月14日 – 宵々々山。(この日から16日宵山の深夜まで出店・夜店が立ち並ぶ)
7月15日 – 宵々山。
7月16日 – 宵山。14~16日をまとめて「宵山」と総称することもある。
7月16日 – 宵宮神賑奉納神事。
7月17日 – 山鉾巡行。下記参照。
7月17日 – 神幸祭(神輿渡御)。下記参照。
7月24日 – 花傘巡行。元々、この日に行われていた後祭の代わりに始められたもの。
7月24日 – 還幸祭(神輿渡御)。下記参照。
7月28日 – 神輿洗い。
7月31日 – 疫神社夏越祭(えきじんじゃなごしまつり)。祭りの終わり。