陸前高田市の松を京都・大文字五山の送り火で使う計画が中止

陸前高田市の松を使って京都・五山の送り火計画が中止

http://news.tv-asahi.co.jp/news/web/html/210807028.html

これ知らなくて友達からメールで動画をもらったんですけど

記事だけ読んだら

「あーある意味京都らしい~
原発と津波 いっしょくたにしたはる あさはかやぁ 
岩手と福島、風の流れなど理解したらへんやろな」

と思うだけだったんですが
動画のニュース再生して見たら!

えらい計画が進んでいたやない~
ぎょうさんの人がボランティアで携わってて、
ぎょうさんの思いがこめられていて・・・・・

こんな間際に中止にするなんて
燃やす松に放射能の数値が出てないって数値ゼロやってそこまでわかってて
主催者はなんと押しが弱い。

大丈夫なんやったら
やる意義と安全性をちゃんと説得すればいいんやない。
そんなこと想定内やったはず、たった数十件の抗議であっさり辞めてしまうとは。
始めから言いなさんな~やりなさんな~。

このニュースが流れたことで、もっと何倍も京都批判がでるでしょう。

京都人は大文字の送り火のことを大文字焼というと
回転焼きみたいに一緒にせんといて~って怒る
それほどのイベントの歴史とか
価値 威厳も今回でダダ下がり~

中止決定後 主催者が頭まるめてごめんなさいと言ってももうあかんでしょう。
五山の送り火保存会?京都の役所?
ほんまは誰の一存で辞めってなったんかな~?

五山の送り火と言えば震災の年・・って後々いわれる
京都 感じ悪なるね。

東京にいると京都人といえば必ず出る話題
お茶漬け ほうき逆さ 腹黒い

リアルになってどうするの~はずかしい。

==========ライブドアニュースより

高田松原には7万本の松が植えられていたが津波で全部なぎ倒され、地元ではやむなく薪にして売ることにしていた。これを伝え聞いた大分県の美術家が発案し、京都大文字保存会に呼びかけたのが発端だった。350本の薪に、震災で家族を亡くされた人や復興への思いを綴ったメッセージを書いて燃やそうと6月末から準備を進めてきた。綴られたメッセージには「絆」や「津波で死なせてゴメン」などの文字が書かれている。

==========

う~あんまりや。