柳桜園茶舗と一保堂茶舗の本店めぐり

一保堂茶舗のお茶といえば京都のお茶の代名詞みたいに言われていて
いまやどこの百貨店でも店舗があるくらい有名ですが、
こないだ寺町二条にある本店に行ってみたら横にこじゃれた茶房があって
観光客がぞくぞくと訪れていて今もなお活気がありました。

柳桜園茶舗(りゅうおうえんちゃほ)と一保堂茶舗の本店めぐりe9c07a76

午前に行ったんですが今回はお連れしたお客様が大量に買わはったこともあり
家に配送するために入って左横、
カフェとは反対側のテーブルで手続き等で長居させていただきまして、
その間に、あれやこれやいろんな高級茶を味見させていただきました。

やっぱりプロが入れると違うのかな?温度や出すタイミングなど
「ほんとはこう飲んでいただきたい」とこだわって入れていただいたので
めちゃくちゃ美味しく感じました。

感動したのは、私が外で飲むように持っていた魔法瓶に駄目もとで
「ほうじ茶を煎じてこれから飲むように入れてくれませんか?」ってお願いしたら
買ったのとは別のお店の美味しいほうじ茶を入れて持ってきていただいたこと。

この後観光タクシーで大原と比叡山へ行ったんですが
道中ほっこりまったりこのお茶をのませてもーて。

この一保堂茶舗も有名なのですが京都人の特にお茶にうるさい人たちに人気のお茶屋さんが
このそばにもう1軒あります。御幸町二条を西に入ってすぐの所

柳桜園茶舗(りゅうおうえんちゃほ)

柳桜園茶舗(りゅうおうえんちゃほ)と一保堂茶舗の本店めぐりc9f8f5b0

こちらも老舗で
一保堂より好きという人も多い。

京都人同士でもちょっと手土産にここのお茶を持っていくと
ツウな感じになるとか。

お店の中は狭いですけどお茶の上品な香りが立ち込めて和のアロマ
気分がよくなります。

味比べをしようとこちらでもほおじ茶を。
お抹茶も有名みたいで味見でいただきましたが、とても独特な
渋みと甘みがあって これが高級なあじなんやね~って言いながらいただきました。

本店のええ所はお茶も挽きたて作りたてということがあります。