京都で水無月(みなづき)を食べる習慣 

旧暦6月を水無月(みなづき)と呼びますが
京都では6月30日は水無月という名のお菓子を食べる日と言われています。

30日に限らず6月のお菓子といえば水無月!
食べないと~!とそわそわするわけですが
残念ながら関東では見たことがありません。


京都でもその時期でないと見られない和菓子なので
幻ともいえます。

なぜ6月30日は水無月を食べる日なのか
意味はよくわからなかったのですが

この半年の罪や穢れを祓い、
残り半年の無病息災を祈願する

水無月はなぜ三角形なのか・・・
氷の氷片を表したもので、上の小豆は悪魔払いの意味を表しています。

昔の人は夏を乗り切るために氷を口に含む
ただし夏の氷は当時 非常に貴重で、その代わりに氷を模して
作ったお菓子がこの水無月です。

7月になると京都では鱧、鱧といいだし
祇園祭が始まります。
季節をとても重んじる土地。。

この水無月ですが 昨日新宿伊勢丹で発見。
仙太郎(せんたろう)。
仙太郎といえばアンコの最中で有名ですが

ここに「水無月(みなづき)」があるのん知りませんでした。
しかも6月でもない真夏でも買うことができるなんて嬉しい限り。
たしか渋谷東急にも仙太郎はいってたかな?

日曜で行列だったのでこの時は買いませんでしたけど
マ緑(グリーン)の珍しいのもあったので
すいてる時に今度買ってみようと思います。