澤井醤油本店 京都まるさわの薄口醤油とたまり醤油

薄口醤油って京料理には欠かせへん醤油で、
素材の色をこわさんように仕上げるのに最適なんです。

色が薄いから味が薄いんじゃなくて
味はしっかりしています。

そして京都のお醤油屋さんといえば
澤井醤油本店さん

実際かなり多くの高級料理店でこの薄口醤油は使われております。

もちろん添加物はなし、
大豆の蒸しかげん、麹の量などは秘伝。

澤井醤油本店の創業は明治十二年で現在5代目さんらしい。
樽で丁寧に仕上げられたこのお醤油の味は
普通の物と比べて明らかに風味が違います。
煮物に使ってもおいしいですが
そのままかけてもおいしい!
うまみとこおばしさ・・

場所は中長者町通新町西角

京都の洛中のど真ん中
御所とか京都ブライトンホテルのそばにありまして
京町屋の店構えと白い壁の土蔵、京格子に虫籠窓。

そこに「京名産 自慢の風味 マルサワ もろみ」の看板。

とても風情があります。
歴史的建物ですので、醤油がてら本店へ行ってみるのもいいですね。

【飲料・調味料】創業明治12年、木桶で作った醤油です京都まるさわ さしみ醤油(たまり)