安倍 晴明神社 開運お守り グッズ 対立裁判抗争について

今日 テレビで安倍 晴明神社向かいのお土産屋のニュース。
   (2012 1 30)

もともとは西陣織を売ったはったお店が10年前から
パワースポット 陰陽ブームにあやかって グッズを販売しはった。
だけど 向かいの阿倍神社があそこのもんは買うなと縦看板しはって
土産物のほうが訴えたっていういざこざ。

それに神社側も開運グッズ売ったはるしね。。
一緒にせんといて~ちゅなもんですね。

友人と冗談でいってたのがほんまになった。

コメンテーター曰く
【そんなこと言ったら清水寺や金閣寺だっていっぱい売ってるし
いちいち訴えてたらきりがない】

うん、そりゃそうなんですが
向かいのあそこはね、安倍 晴明 グッズのセンスが悪いんです。
ダサい。軽い。すべてはそれやと思います。

価値が下がるという意味では
私は神社側の気持ちになるね。

同じ町内ならこんななる前に話し合いして上手く融合できそうですけど
きっとどちらかが変こなんでしょう。

行った時の日記はこちら
五芒星(ごぼうせい)の意味は?陰陽師の“魔よけ”のマークグッズ
=============

安倍 晴明 開運 グッズ 対立裁判抗争について
安倍晴明祭る晴明神社と土産物店 陰陽師グッズで対立
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2012/01/25/kiji/K20120125002507140.html

平安時代の陰陽師としてファンが多い安倍晴明を祭る晴明神社(京都市上京区)が、隣の土産物店の関連グッズが「神を冒涜している」として販売中止を要請、反発した店側が、京都地裁に営業妨害をやめるよう求め、仮処分申請していたことが25日、関係者への取材で分かった。

 土産物店は「田島織物」(田島恒保社長)。2002年以降、安倍晴明の名称などを使用し、アクセサリーなどの開運グッズや3頭身の人形などを店舗やインターネットで販売してきた。

 神社側は「グッズは神社でおはらいしたものではなく、販売は不適切。晴明公の御神徳を著しく冒涜する」として、昨年8月、販売中止を要請。同11月には参拝者に対し、グッズを持って参拝しないことなどを求める立て看板を境内に設置した。神社が販売中止を求めるグッズは700~800点に上る。

 同店は看板設置以降、売上が約3割減り、12月に仮処分を申し立てた。田島社長は「冒涜している認識は全くなく、突然で困惑している。名称は公知公用のもので法的に問題ない。これまで定期的な寄付や協力もしてきた」と話している。