お賽銭の金額や参拝の意味

お賽銭の金額や参拝の意味を書いた本を読んで・・ちょっと今度から実践してみようと思います。知らないこともありました。

 

これからあとどれくらい
お寺や神社に参拝するかな。

それを考えると
正しい作法を覚えておきたいなと思った。
今頃?と思わなくもないけど
知れただけ良かったと思う。

無知やったわ。

019

DSC00336

ついででお参りせず、参拝のために直行直帰する
ってのはちょっとなかなか難しいけれど
知ってることによって
出来なかった時に手を合わせてごめんなさいと謝れる。

参道 鳥居をくぐる時は神様の通り道である真ん中を通らない。手水舎の作法など。

次からは実践してみます。

この本を読み進めると

お賽銭についても書いてあって
金額の大小でご利益は変わらない。
お布施ではなくお礼である。

まず長いツナのついた鈴をまず鳴らせてからお賽銭の順番らしい。
いままで逆やったかも。

つるされている鈴は
邪気払いと神様を呼びこむ意味があると。

スピリチュアルスポットだとか、
神頼みとか
与えてもらうばかりの都合よい人には
ご利益をいただけないでしょう。

いろいろ勉強になる。
神様と向き合えるのだから実践したいと思います。