苔寺の拝観の流れ&御朱印帳やお守りは売っているか?

新緑の苔寺!素人が撮った写真でも絵みたいです。ご朱印帳や拝観の流れなど。

 

苔寺へ行ってきました。

DSC01325苔寺 (8)

(千利休の息子さんの茶室)
DSC01325苔寺 (6)

往復はがきで 前々から申し込みをし温めていただけに期待は膨らみ・・
申し込みなど大変ながらも行ってよかった!という感想です。

ただ、驚いたのが拝観者の数で
5月21日(火曜)平日にも関わらず、1日1回13時集合ということもあるでしょうが
写経や苔寺のいわれなどの説明を聞きながら、ざっと数えてみたら180人ほどいらっしゃいまして、大きなお堂もつめつめ状態。あとで聞いたら今日は外人さんのツアーが入っていて多いほうだということです。
確かに、欧米系のお客さんが目立っていましたね。年配の方が多いです。隣の鈴虫寺と訪れ層が真逆です。

12時半くらいには門を開けてくれはり。
DSC01325苔寺 (1)

DSC01325苔寺 (3)

順次入って行って、
靴を脱ぎお堂へ案内され3000円を収めます。

受付のそばにトイレがあるのでこの間に済ませておくのがいいと思う。
さすが禅寺、トイレはぴかぴかでした。

DSC01325苔寺 (48)

お堂内は写真禁止、

DSC01325苔寺 (47)

小さなお膳に座布団が敷いてあり。写経の紙や苔寺のパンフ、横には硯と本筆。

座った順に時間前でも写経をして
 (次の日記で写経の事を)
13時になったと同時に住職さんたちが入ってこられ、一緒に法要、般若心経を3回唱えます。

つい周りを見渡してしまって途中で何度もどこを読んでいるのかわからなくなり・・・、集中力のなさを改めて気づかされました(爆)
正座も前より辛さがやってくるのが早いな。この中では若いほうなのに、あぁだめだな自分・・反省。
正座が難しい人用の椅子席が大人気。

書き終わった順に庭園のほうに出て自由に見ていい。
庭園に出る際に御朱印の希望があれば受付で申告します。

気が焦って 最初に御朱印お願いしますと出される方が多かったんですが「あとで、あとで」といわれていました。

それで昨日、ブログに質問が来ていて「苔寺に御朱印帳は売っているか」と聞かれたんですが、残念ながら御朱印帳はおいてなかったです。

京都はウェルカムな観光寺が多い中、ここ苔寺は申し込み制で封鎖的でもあるし、そういう商売っ気はないのですねきっと。お守りなども売っていません。

ただ、御朱印はちゃんといただけましたよ。

私も実は御朱印帳を持っていくのを忘れてしまって、
半紙で。

これっ。
DSC01325苔寺 (46)

墨の濃淡を使っている所もアート的。御朱印帳を持っている場合は2ページ分に渡って書いてもうたはります。

さてお庭へ。

DSC01325苔寺 (13)

もこもこもこっと苔だらけ。
ただ5月のこの時期、乾燥しているのもあり全体に苔が白っぽいかなという印象。
もうすぐ梅雨なのでそれまで・・こけさん頑張ってね。
雨が降ったらイキイキ緑に戻るでしょう。
DSC01325苔寺 (11)

根っこの精霊がいっぱい
DSC01325苔寺 (36)

写経で心のお洗濯デトックス、新緑パワーの息吹を受けて元気チャージ満タンです。

DSC01634

京都・苔寺(西芳寺)の写経&庭園

苔寺の拝観(見学)申し込み★電話での会話

苔寺・鈴虫寺の周辺ランチ&【松尾山林道】ピクニック