喧騒を離れて穴場の長楽寺と知恩院の三門

まだ行ったことのない、静かなお寺
と思って長楽寺という東山のお寺へ行ったんですが、
だいぶ上まで登らないとダメだと思ってたけど、
覚悟したほどではなかったです。静かないいお寺でした。

IMG_1410

map_s

時宗というちょっと珍しい宗派
平家物語 最後の生き残りの建仁門院さまが住んだはって
そのあと大原の寂光院へ移ったんですよね、
寂光院も大好きなお寺で、なんか共通の空気が流れていました。
緑が濃い濃い & 静粛 & 山の上のほうのしんどい場所。

昔は円山公園あたりまで全部【長楽寺】だったそうです。
なるほどだから円山公園内の長楽館(洋館のレストラン&カフェ)
はそういう名前か。

意外とラクだったとはいえ、こんなんなんで
IMG_1405

いづ重さんでサバ寿司とビール1本やってきた後だったので
長楽寺に着いたときはヘバる。

DSC00320

Kちゃんと2人 それぞれお気に入りの場所でたたずみ

もっともっとゆっくりぼ~としたかったんですが
虫が・・蚊やらいっぱい飛んだはって
一応蚊取り線香とかあったけどおっつきませんね。

長楽寺は宿坊【遊行庵】もありますが、
泊まる場所はここじゃなくて祇園のようです。お値段は1泊朝食付きで8200円か・・
この後に泊まった智積院が6670円で何もかも良すぎたので(この後ブログで書こ)長楽寺が高く思ってしまうけど祇園の好立地でひとり一部屋でも8900円と思うと旅館としては安いほうか。ただ朝のお勤めは早朝に上までず~と歩くのですね、20分ほど山歩き、ハイキング覚悟なら楽しめるけど冬とかはちょっと厳しいかな。

ご朱印を頂いて
(はんこを見ないとどこのお寺かわからないね)
IMG_1834

降りることに。
IMG_1835

そこで気づいたのが、
ちょっと・・・この高さって隣は知恩院さんちがうかな?
下まで降りなくても横に並行に行けば着くかも
行ってみよの冒険、これが大正解、右に行くと細い道で繋がっていて知恩院さんの本堂(只今修復中)がバーンと見えてきました。

が!この時点で4時。終わりなんです。

ガードマン「そっちダメです~もう降りてください。」
私達   「本堂は行きませんし
ぐるっと回るだけ、せっかくきたし」
ガードマン「もう閉めますんで・・だめです」
私達   「・・ふぁ~い」

はいといいつつ私達は
ここの華頂高校に通っていた同級生で土地勘があり、
懐かしいものを見つけては広い敷地をふらふら~ふらふら~するもんで
完璧ガードマンに目をつけられ、いつ見ても目が合う。
首伸ばして見られてる(笑)

仕方がない、おとなしく降りましょう。

もう閉めますんで・・って
この三門、閉め甲斐があるね。

IMG_1807

知恩院は山門じゃなく三門と書きます。
1621、徳川二代将軍の秀忠さんが建てようと言い、
日本の木造建築最大級の大きさです。

IMG_1824

でかすぎて
かなり引いて撮ってもらっても収まりきらない三門。
被写体は豆粒。

IMG_1811

IMG_1808

このすぐ前の和順会館は一応知恩院の宿坊という事ですが、
ここは改装してから旅館値段となりました。
朝のお勤めは参加自由なのでほんとに旅館としても利用できます。
が、ここは浄土宗総本山!大迫力よ~
なかなか一般人は参加できないので泊まるなら体感すべきです。

売店にはけっこうおもしろいもん置いてます。
華頂のお線香を順番にくんくん嗅ぎまくり

「ん~懐かしい~やっぱり白檀は高いね」
と買わずにアロマテラピーして

さてと、

祇園、下界に降りてきて。
宇治金時食べたいなぁ・・・と都路里さんへ行くも行列
行列じゃないところへ入って食べたのはこれ。
お店の名前忘れてしまいました。
IMG_1562

さてと

涼めたので、どうする?ビール?

新京極と河原町の間の入り組んだ場所に面白い居酒屋さん2軒
発見しましたよ。


IMG_1639

IMG_1638