奥嵯峨の古道沿い【平野屋】さんで「しんこ」と「桜餅」と「黒ラブ」を

春になると、こういった山の空気が吸いたくなるね
自然のアロマテラピーです!

2013奥嵯峨の古道【平野屋】さんで「しんこ」と「桜餅」と「黒ラブ」を (3)

奥嵯峨の古道にある平野屋さんは
鮎とか松茸とか旬のものが楽しめるお料理屋さんなんですが
お昼は茶屋としてこういった甘味を

軒先の毛氈に腰掛けて
桜餅と抹茶とか・・桜の花びらのお茶も出してくれます。
2013 (6)

桜の葉っぱは塩漬けになっていて一緒に食べると
甘さとしょっぱ味のハーモニー、ナイスバランスです。
山の香りとともに
バリバリ~ってかじるとふわーっと香る桜の風味。

柏餅の葉っぱは、かとーて一緒に食べられへんけどね、
桜餅は葉っぱごと食べる。

この愛宕街道の名物は「しんこ」ということで
名物しんこと桜餅を友人と1つづつお願いして抹茶とともに楽しみました。
2013 (5)

お店のトイレをお借りした時に
中をぐるっと拝見したんですが、ものすごくいい感じなので
今度はお料理も味わってみたいなと思っています。

桜の季節の嵐山はシーズンで人ごみだけど
少し山に行くと落ち着いていて喧騒から逃れらるのでいい。

この道沿いには「つたや」さんという
同じような風情の料理屋さんがあるのですが

私はいつも平野屋さんです。
なぜかというと、ここに大きな黒ラブがいるから。
2013 奥嵯峨の古道【平野屋】さんで「しんこ」と「桜餅」と「黒ラブ」を(14)

ものすご~かわいい子です。