宝蔵寺 骸骨(どくろ)のご朱印は2016年限定

この日、河原町をうろうろしたのは
ここへ来るのが目的でした。

宝蔵寺 伊藤若冲 生誕300年記念
今年限定のご朱印をいただきに!

今年は若冲ブーム、

東京の美術館では数時間まちの大賑わい
私もブームに乗ってその素晴らしさを知り
この少し前には終焉の地 石峰寺(伏見)に行ってきたばかり

次は宝蔵寺へ行ってご朱印をもらわないと・・ということで

河原町の一本裏、六角と蛸薬師の間。
こんな賑やかなところに目指すお寺があるのかと半信半疑でしたが

あった、入口はこんな感じで

出入りは向かって左側の扉から
でたっ京都特有の小人の扉。
img_5918

ファンらしき人が出入りしているのに加え
この日は檀家さんの法事もあり、小さなお寺が大変賑わっていました。

拝観料はありません、

浄土宗なのですね

img_5913

まずはご本尊、あとは親族のお墓へお参りして

img_5915

ご朱印を頂きました。ドクロのご朱印。このドクロの色は4色ほどあって選ぶことができます。

ここは紙でもらうのみでご朱印帳に直接かいてはもらえないようです。

そう、きっとブームでファンがぞくぞくとこれを求めに入ってこられるので対応しきれないのかもしれません。

 

img_5962

これ、今年いっぱいといってたけど好評なんで来年の若冲のお誕生日3月まで売ると思いますということです。