清水寺を独り占め★早朝拝観と幸せ朝食

清水寺は京都の数ある寺社の中でも一番?!誰もが知る一番の観光スポットですが、日本人だけじゃなく、世界中の人がやってくるということでとにかく混雑もすごい。

週末やシーズンともなるとまず自分のペースで歩けません。
よし!行くぞ!という気合が必要です。

清水寺っ音羽山という一つの大自然、広いんでお寺だけじゃなく自然堪能も魅力のつなんですが、人の喧騒で自然音がかき消されてしまうんです。

だけど清水寺を堪能できる貸切かのような時間帯があります。
早朝です。清水の舞台を独り占めしたいなら、この時を狙わない手はありません。

2011,6 (2)

通常京都のお寺は9時から拝観できる場所が多いのですが、知る人ぞ知る、清水寺は6時くらいから入れるんです、ちょっと早起きして早朝拝観が断然おすすめです。京都のお寺の朝と、山の空気は本当に格別ですよ。

この写真の時は新緑の5月の雨上がり。
貸切☆雨上がりのいい~香りして癒されました。

2011,6 (7)

清水の舞台から下りて行く道のりも、人の流れにつんのめることがなく、自分のペースで散策できる幸せ。水の流れる音、動物の鳴き声などか響いてきます。

2011,6 (9)

舞台についで清水寺の舞台が有名ですが第二のスポットとして外せない人気の音羽の滝。湧水をすするとご利益がある。

2011,6 (12)
音羽の滝はパワースポットとして有名でここもいつもは行列なんですが「長寿の水」「恋愛の水」「学問の水」三筋のうちのどれかひとつだけ口にします。
欲張って全部飲むとご利益半減だそうですよ。

2011,6 (18)

この近所、赤い毛氈のある茶屋の人にきいたんですが
よく(3つのうち恋愛の滝はどれ?)って聞くそうですが、それは意味がないらしく。。

私も気になって看板など確かめたんですが何も書いてなくって迷ったんですよね、これらは誰かが決めた痛切であってもともとの意味はないそうです。

朝は地元の人が水汲みをされてました。

2011,6 (15)
1000年途切れることのない聖なる湧水は京都の文化を支えてきたのですね。
京料理や茶の湯に適した水質なので近くのお料理屋さん、お豆腐屋さん、染物関係者がわざわざ汲みにも来るんだとか。

めいっぱい清水寺の早朝拝観を楽しんだ後の
朝食のお勧めをこの後書こうと思います。

タクシーでワンメーター県内で京都の朝食を堪能できる場所。

イノダコーヒーの純喫茶のモーニング

IMG_5946

見晴らしのいいホテルオオクラのビュッフェ朝食、

DSCF0115

南禅寺の湯豆腐やおかゆ、など。