【東福寺】紅葉混雑もNO1!12月も見頃 京都の紅葉名所は

京都の実家に帰省していて、
東京へ戻るため京阪電車に乗ったのが11月24日(日)朝
荷物は一足先に宅急便で送って身軽です。
京都競馬場へ行く人が目立っていました。

それで・・おけいはんの広告をみてふと思った。

そうだ、東福寺の紅葉を見て帰ろう

京都一の紅葉の名所であります。
東福寺の紅葉は1度行ったことがあって混雑は覚悟でした。
ここは穴場ではありません、ど真ん中!

だけど、それを引いてもあの赤は圧巻だし
お寺の建物、特に通天橋ととも紅葉が映えて絵になる。
D【東福寺】は京都の紅葉名所一番、混雑もNO1!12月入ってからが見頃SC01052

ここは見上げる紅葉とともに見下げるロケーションも多いので
紅葉の海といわれていますが
人の海にも溺れてみようとダイビングする覚悟を決めました。
DSC01006

東福寺駅を降りて普通なら10分ほど上がっていくとお寺なんですが
朝10時、駅前でこの混みよう。

手ピーンとあげてシャッター押す、後でこれ見てなお驚いた。
DSC00975
この辺は住宅街ですが、普段はひっそりしているのに
毎年秋だけ全世界の観光客がここへ集まるのはもう慣れているはずだけど
地元民、買い物かごをさげた人、
病院帰りの人が 立ち止まってあんぐりされてました。

お守りを売っている人にいろいろきいたら
この日は通常毎年の一番見頃の日と見越して一番の人ごみである日曜だということ。その中でも午前中が一番混むので今考えたらこの日の朝10時というのが一番人が多い時間帯だった。

ちょっと今年は色づきが遅くて、
一番の見ごろは11月の最終週末か12月の一週目がいいのでは?と。
12月入ってもまだまだ見頃だそうです。

なぜ午前中人気なのかは行ってみるとわかります。
太陽がさして明るくて紅葉が生えるのですよ。
相まってツアー客などが朝食後一番に押し寄せるのがこの時間帯なのです。

たくさん写真を撮ったのですが
この回は混雑具合の写真を中心にUPしてみます。

 

ガードマンの人の数もすごいです。叫びすぎて声ガラガラ。

境内に入る前に、入場制限が入ったようで
流れがストップしてしまいました、

これまだお寺に入る前ね。
【東福寺】は京都の紅葉名所一番、混雑もNO1!12月入ってからが見頃DSC00980

ここで気持ちがひるんでしまって
(東福寺に入らなくてもこんな絶景がみれたじゃないか
戻るなら今だぞ)と自身の問答が始まる。

だけど 人多すぎて戻るのも一苦労。というか皆に
(あの人ギブアップしはった・・・)と見られるのが恥ずかしいじゃないですか。
それでも引き返す人、ぽつぽついました。

この前に行った鞍馬寺も引き返す人が多かったのですが
あそこは山の坂道がきつくて(もうあかん)と挫折した人の引きかえし。
東福寺の場合は混雑過ぎてギブアップの引き返し(笑)

どうにか流れに乗って

拝観チケットは400円
チケットの列はもっとすごいかと思ったら案外列ではなかったです。

中へはいるとすぐに通天橋 あぁぁぁぁ・・・
DSC01038

人混みダイブの始まりです。
DSC00994
広い敷地どこからでもこのような赤を望めるのですが
その中でも絶好の景色の場所は戦争、場所の奪い合い。

DSC01009

小さい子が泣き叫んでいて。見れば
女の子のポニーテールの先端がよその人の背広のボタンに絡まって取れない。
あっ!と思いました。

私も小さい頃よくこれ状態になっていたことを思い出した。
初詣、祇園祭の宵山、えべっさんの盛り上がり時間かくらいの人出の時に
よく自分の髪の毛が誰かのボタンやバッグに絡みついてたなぁ。
その時母親は必ず「あんたはネコッ毛やから・・じっとしよし!」
と言いながら絡みをほどいていた。
今では誰よりも大きく育ってしまったので引っかかることはなくなってしまいましたが・・・

168㎝の私でも人の頭を入れず写真を撮るのは至難の業です。
立ち止まれないので ブレブレ写真半数。
DSC01049

 

ぱっとみぃ 誰もいない大自然のように見えますが

DSC01059

実際はこの人ごみ。

DSC01059

広いお寺のナセル業です。

だけど不思議とパニックや大喧嘩している人がいないのは
お寺と自然パワーではないかと思われます。

石段で足元も悪いのに将棋倒しにならないほうが不思議。

もう 混雑を楽しんでいる自分がいます。
一人で行くといろんな会話が耳に入ってきて面白い。

中国語、多いですね。
中国というか、台湾、香港の人が多いように思います。

流れに身を任せて
本堂のほうへもお参りしましたが仏さん、まったくみえません。

DSC01037

さぁ帰ろう。
東京到着の時に通勤ラッシュの時間帯だったら
京都、東京ダブルラッシュで倒れてしまう。

京都駅についたときにはへっとへと
帰りの新幹線ではぐっすりZzzz。
これだけの覚悟でもこれですから、予想していない人は
さらにへとへとになるでしょう。

++++++++++++++++++++++

2008年12月7日に行った時様子をこの後載せておきます。

のほうが真っ赤でこれほどの混雑ではなかったので
もしも、もしも次行くならやはり12月入ってからにしようと思いました。

(その時の通天橋は混雑のピークは過ぎていて見頃)
IMG_0729
IMG_0702

(落ち葉で赤じゅうたん)
IMG_0746

I【東福寺】は混雑もNO1!京都の紅葉名所一番、12月入ってからが見頃MG_0747