AX バッテラと押しずしの違い&鯖街道




バッテラと押しずしの違い&鯖街道

京都は新鮮な魚を手にするには海から遠すぎて、
一番近い若狭湾の魚を一塩をして運ばなければならなかった。

これと同じような理由で鱧があります。
鱧は生命力があって強いので街の中心まで生きたまま届けることができたそうです。

あとは【にしんの乾物】あれもそうですね。

鯖寿司はバッテラ・押しずし いろんな言い方があって
これについて疑問をもったので調べてみると
Q&Aサイトにスカッと納得する答えを見つけました。

Q  バッテラと鯖寿司は、どう違うのですか?

A 鯖寿司は広い意味では握り寿司も入りますが、
一般的には鯖の押し寿司の事でしょう。

押し寿司は棒寿司(松前寿司)と箱寿司に大別され、
バッテラは箱寿司の一種です。

鯖の棒寿司と箱寿司の違いは酢飯の上に、鯖をのせ
甘酢で味付けした昆布/白板昆布をのせるのは同じですが、
作り方の違う全く別物です。

バッテラは大阪の名物ですが、棒寿司は
越前海岸~関西の至る所で名物となっているところが沢山有ります。

また、一般的に棒寿司は高級品、バッテラは庶民の味です。

○棒寿司
細長く丸めた酢飯の上に鯖、昆布を乗せて、スノコとか布巾で形を整えたもの
断面は丸みを帯びてます。
○バッテラ
専用の木枠に白板昆布→鯖→酢飯の順にいれて形抜きした押し寿司。
バッテラとはポルトガル語でボートという意味です。
断面の形は長方形をしています。

バッテラってもともと大阪発祥だったんですね!
しかもポルトガル語だったとは。
バッテラ=ボート???
だれが名付けたんでしょうね。笑




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする