AX 知恩院の「除夜の鐘」お坊さんがパフォーマーになる 試しづき




知恩院の「除夜の鐘」お坊さんがパフォーマーになる 試しづき

知恩院の鐘は大きい!日本一だそうです。
年末恒例紅白歌合戦のあとに始まる「ゆく年くる年」で
一番目に映る除夜の鐘です。

お坊さんが順番につくんですが、体全体を使っても振り飛ばされたはるお坊さんもいはる。
【除夜の鐘・試しづき】っていう公開予行練習があり、一般人が見学できるんですが
予行練習なのでハプニングもあり大笑いの行事として毎年楽しみに見に行く人がいるという。

お昼14時からなのでついでに真冬の知恩院方丈庭園も見学したりできますね。

大晦日、色んな所で除夜の鐘がなりますが
知恩院の除夜の鐘は京都の中で一番早く始まるらしい。

もし京都で年越しするならやってみたいプランがあります。

すべて東山の徒歩圏内ですが、
まず21頃ににしんそば食べに街に出て、
22時ごろに【おけら参り】と初詣を八坂神社で。
ちょっと早いけどね、夜中は死ぬほど混むので先に行って
そのあと23時からの知恩院の除夜の鐘、プロのお坊さんがつく鐘の響きを堪能して
そのあと、そのあと、隣の青蓮院門跡で自分で鐘をつかせてもらう。

そやそや、このまえお勧めの宿坊として紹介した
知恩院内の和順会館ですが立て直してはりました。
宿坊として再オープンするんだと思うんですがいつかは不明。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする