AX 葵祭の2010年ヒロイン決まる!第55代斎王代




葵祭の2010年ヒロイン決まる!第55代斎王代

葵祭は京都三大祭のひとつで、わが国の祭のうち最も優雅で古趣に富んだ祭として知られています。平安朝の優雅な古典行列は平安貴族そのままの姿で列をつくり、京都御所を出発、総勢500名以上の風雅な行列が下鴨神社を経て、上賀茂神社へ向かいます。

今年2010年、葵祭第55代斎王代(さいおうだい)が今日決まったそうです。
どやって決めたはるのかね?

六波羅蜜寺の川崎純性山主(さんしゅ)の長女で現在医大生の川崎麻矢さん。

この前、六波羅蜜寺に行ってきました!
空也上人立像
口から南無阿弥陀仏の小さい仏さん出したはるあの像が有名ですが
思ったより小さかった。
ここは拝観料が600円と少しお高め。

六波羅蜜寺でて向かいには幽霊飴屋さんがあります。
べっ甲飴のような色ですがもう少しあっさり目であとを引くお味。
美味しいです。

以下ヤフーニュースより

今年の葵祭(5月15日)のヒロイン、第55代斎王代(さいおうだい)が12日、京都市東山区の京都府立医科大医学部2年、川崎麻矢さん(20)に決まった。

平成生まれ、医大生は初めて。京都・六波羅蜜寺の川崎純性山主(さんしゅ)の長女で、母の朋子さん(46)も第30代斎王代を務めた。親子2代で選ばれたのは3組目。

高校時代から生物が得意で、人の役に立てるようにと医学を志したという。麻矢さんは「不安はありますが、大変光栄に思っております」。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする