AX 保津川下り (京都の和風ラフティング) 日焼けにご注意




保津川下り (京都の和風ラフティング) 日焼けにご注意

京都の西 亀岡から嵐山の渡月橋まで
渓流を舟で下る「保津川下り」 大人3900円

嵐山のトロッコ列車に乗って上流まで行きます。600円

出発   「ほな~いきますよ~」

船頭さんが 前と後ろに2人いて
木の竿でうまいこと舟をあやつり
船頭さんガイドもしはって上手~に面白おかしくしゃべらはります。
一人はベテラン 一人は新人の組み合わせ。
乗客の前でも平気で怒鳴らはる厳しい上下関係・・
体力もいるのでみな体育会系です。

初めのほうは揺れもなく、なだらかなので
「ぎ~こ・・・ぎ~こ・・・」の音と鳥の声と・・なかなかの風情。
この辺でしっかり山の景色や空気を堪能しておくべし。

急流に差し掛かると、それどころではない。
もうね、物凄い水しぶきで、用意されてるビニールシートも間に合わず、ドボドボです。

私は船酔いするほうなんで酔い止めを飲んだんですけど
今思えば・・・・ん~~いらんかったかな。
そんな揺れない場所+急流で酔ってる暇なし って感じです。

終盤に差し掛かると屋台舟が近づいてきます。
タイの舟マーケットみたいに。
飲み物、ビールやおつまみ 団子、イカ焼きの香りがそそります。

終点 嵐山 渡月橋が見えてきました。
人力車が渡ってるのを見て、あれも乗ってみたい~
とすっかり観光気分です。

人力車もかなり体育会系の人達です
涼しい竹林を通ってもらい、抹茶アイスを食べた模様など
後日UPします。

保津川下り 暑い日は帽子必須ですよ。
1回目に乗ったのは子供の頃、その時もそう思った記憶がある。
上流の乗り場に「保津川下り」と書かれた笠(ぼうし)が売ってまして(1400円)
これ買っとけばよかったと後悔。。
スカーフを頭からすっぽりかぶり、マチコ巻
それでも焼けました、熱射病にもご注意。

保津川下りのお値段と時間




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする