AX 鵜匠 宇治川(京都)と全国の鵜飼が見られる場所




鵜匠 宇治川(京都)と全国の鵜飼が見られる場所

宇治川の鵜匠が今年も始まりました。

鵜飼い・鵜飼・鵜養(うかい)は、鵜(ウ)を使ってアユなどを獲る漁法のひとつ。

鵜飼いが行われている地方 [編集]
山梨県笛吹市(笛吹川)
岐阜県岐阜市(長良川) 宮内庁式部職鵜匠による鵜飼。
長良川鵜飼
岐阜県関市(長良川) 宮内庁式部職鵜匠による鵜飼。
小瀬鵜飼
愛知県犬山市(木曽川)
木曽川うかい
京都府宇治市(宇治川)
京都府京都市(大堰川)
和歌山県有田市(有田川)
広島県三次市(馬洗川)
— 通常の黒いウミウに混じって白いウを使う。これは近年、姉妹都市の中国四川省雅安市から送られたものである。
島根県益田市(高津川)
山口県岩国市(錦川)
愛媛県大洲市(肱川)
大分県日田市(三隈川)安土桃山時代に宮城豊盛が長良川の鵜匠を招き、日田地方に鵜飼を定着させたと伝えられている。
福岡県朝倉市(筑後川)7世紀の『隋書』「倭国伝」に九州北部の鵜飼について記されている。17世紀前半までは徒鵜(かちう)が行われていた。

京都新聞
https://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P20100612000138&genre=I1&area=K00

鵜匠の掛け声 夏告げる 宇治川開き

巧みに鵜を操る女性の鵜匠(宇治市宇治・宇治川)
宇治川の川開きが12日夜、宇治市宇治の府立宇治公園(塔の島)周辺で行われ、夏の風物詩「鵜飼(うかい)」が始まった。かがり火が川面を赤く染めるなか、女性鵜匠(うしょう)の巧みな技が観光客を魅了していた。

まず、源氏物語千年紀にちなんで造られた舞台舟「紫のゆかり」の船上で安全祈願祭が営まれた。鵜匠の澤木万理子さん(36)と江崎洋子さん(31)が、風折烏帽子(かざおれえぼし)に腰みのをまとった昔ながらのいでたちで舟に乗り、巧みな手綱さばきで6羽の鵜を操った。「ウー、ウー」「それ、行こう」との掛け声とともに、鵜が勢いよく水中に潜ってアユを捕らえると観光客から拍手と歓声がわき起こった。

鵜飼は9月26日まで、受け付けは午後6時から。問い合わせは宇治市観光協会Tel:0774(23)3334。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする