滋賀のリゾート!&坂本&紅葉少し前の京都散策

2泊3日で東京から知人を京都案内
その後4泊を実家滞在というパターンで色々まわってきました。

ちょっとまだ紅葉シーズン前ですが
既に京都のそこそこのホテルはもう満杯で、金土日となると予約が取れません。
しかも倍ほど値段が高いではないですか。
不況知らずの京都ホテル業界?足元みたはるなぁ・・・と感じます。

立地的に便利でホテルのサービス(対応)が良く最近気に入ってよくお連れする
京都ホテルオークラ、ここも予約が取れずに、毎日毎日楽天トラベルを覗いてやっと金曜1部屋だけ抑えまして結局私は近くの激安【リッチホテル】泊となりました。

あと1泊をどうしようかと悩み、友人の勧めで琵琶湖ホテルに決定。
不便と思っていた琵琶湖ホテルですが大津にあります。

お部屋からこの眺めはこのような感じ。(全室レイクビューかと思われます)
DSCF0956

大津は意外に京都から近く、こんな良い景色が眺められるゆったりしたお部屋がなのに京都の候補ホテルよりだいぶ安く。

後から考えたら2泊とも琵琶湖ホテルにしてもよかったと思ったくらいです。
ここは温泉露天風呂もあり、ちょっとしたリゾート気分です。
DSC09726

滋賀県に初めて泊まって
ものすごく思いだした食べ物がありました、これこれ
滋賀県名産フナずし
121020_180013

これ珍味中の珍味ですからうぇ~~~といわはる人も多いのですが、<私は親が好きだったせいもあり、子供のころから食べ慣れていたので懐かしみ、感動でした。実家に戻った時に母に食べたと伝えたら、あまりに悔しそうに(なぜ買ってきてくれなかったのか)と言われたので、東京に戻ってからさっそく通販で探しましたよ。

滋賀県といえばもうひとつ  近江牛です。
ホテル内の鉄板焼きで食べました。
DSC09721

普通の和牛のコースだと8000円程だったと思いますが
近江牛にする場合、普通の国産牛の8000円増しという。ザブランド価格。
よし、それじゃぁ、どう違うのか食べ比べてみようということで1つづつ注文し比べてみました所正直あーんまり良く分からない・・
ブランド牛は高い、サーロインは年寄りには油っぽすぎる・・かな?
というのが共通一致の意見でした。

いつもの観光タクシーの小西さんが他のお客さんの案内で空いていなかったので、今回はそのお知り合いの上田さんという方に案内してもらいました。
京都のタクシーだけど大津まででも問題なくお迎えに来てくれはったし、
とてもマメで行ったところのリストとか書いて持ってきてくれはったり対応がよかったです。

滋賀と京都の間、せっかくなので、このあたりのお寺をめぐりましょう。
と案内していただいたのが坂本という街・・・というか集落ですね。

ここは比叡山のふもとにあり

穴太衆の石垣やが風情があり、車もあまり通らないので空気が澄んでいます。
とてもいい感じです。
DSC09727

滋賀院という門跡寺院
DSCF0963

ここには変わった涅槃絵が見られます。
立派な小堀遠州が作らはった庭園やもろもろ貴重なものが沢山あるのですが、結構大事な歴史物を無造作に置いてあってちょっと笑ってしまいました。京都のど真ん中の観光寺と違うなと。

今まで車で比叡山へ何度か行ったことがありますが
車酔いしなかったためしがありません。
比叡山を見るだけで酔うほどです。すごく急でくねくね道。

坂本から出ているケーブルカーは日本一長いのだそうで。
今度は是非、ここから登ってみようと思います。

三井寺もこの近くだったので連れて行ってもらいましたが
なんと中は広~~~~くて、1つの山が三井寺と言う感じです。
DSC09728

ご朱印を集めている私は
ここのご朱印がとても上品で良い色をしていたので1冊買ってみました。

三井寺でも頂いていたのですが全部で・・え?いくつ?三井寺はご朱印をもらう場所が7か所あるそうです。3つ目で・・・あと4つもらう所があると聞き山の上のほうのご朱印はもうあきらめました。

大きな鐘をつかせていただきました(300円)
DSC09735

DSCF0966

山科にある小野小町が住んだはった「随心院」にも行きました。
写経などできて綺麗なお庭でのんびりしました。
DSC09738

10月20日の紅葉はこの程度。本格シーズンは1月後です。
DSC09748

◇◆◇━━━━━━━━◇◆

次の日は日曜日

人があまり来ないお寺とリクエストしたら
千本通り界隈へ向かう事になり、最初に行ったお寺がえんま堂。
千本ゑんま堂の正式寺名は引接寺(いんじょうじ)
DSCF0889

DSCF0891

子供が悪いことしたらここへ連れてくると京都ではよくいいます。
観光寺ではなく、バリバリ現役の生活に根付いたお寺です。

も少し下がった所にある釘抜き地蔵にも行きました。

釘抜(くぎぬき)地蔵 -正式名称は石像寺(しゃくぞうじ)
DSC09695

DSC09697

釘抜き地蔵さんは観光寺とは違う
今も地元に愛される信仰バリバリのお寺です。
私達が行ったときは観光客はいませんでした。
入って中央にベンチが何台かあり、近所のお年寄りの社交場みたいになってましたよ。

お百度参りで有名だそうで
数人、お寺の周りをくるくるまわってらっしゃって、
お百度がどんなものか1周回ってみようとするものの、皆のそのくるくるのスピードのはやいこと!
くるくるくるくるお堂の周りをまわってる。
邪魔になりそうで・・・縄跳びの輪に入りたいけど入れないように、お参りの流れに入っていけませんでした。

ここはタクシーの上田さんいわく
こちらのくぎ抜き地蔵はものすごく不思議が多いお寺で、例えばお寺の中に鳥居があるのはもう珍しくはないのですが
裏にこんなぼさつ様がいたり、裏のお墓の奥に井戸があったりします。
DSCF0905

DSCF0907

ここで千本通りのいわれを聞きました。
千本通りは葬送地の一つ蓮台野へと向かう道であり、
通 りに沿って千本 の卒塔婆(そとうば)が立っていたからだと。
これが千本 パタパタと鳴り響いていたのですって。
DSCF0906

京都の食べ物で外せないのは
親子丼や鯖寿司で、今回もやはり京都でないと・・・と再確認したのですが
DSCF0996

DSC09754

DSC09752

新たに 美味しいお土産を発見しました。
1つは松野醤油のもろみ
鷹が峰にある老舗のお醤油屋さんだそうで、
そこの支店が祇園の縄手にあるのです。
121026_121315

もうひとつはいづみ屋のじゃこ
団栗にあります。祇園から歩いて行きました。
ここのおじゃこは 甘すぎずすっきりしてて好みです。
DSC09834

この写真の一番手前のは千本通りのおやつ昆布でおなじみ
【五辻の昆布】
のじゃこ。
ここのは少し甘めです。
121027_095334

七味の美味しい店もみつけました。
北野天満宮のそばの長文屋DSCF0918

DSCF0920

摺りたてからかわかりませんけど、めちゃくちゃ美味しいです。
東京帰ってきてから毎日何にでもふりかけています。
今日はセブンイレブンのおでんにふりかけました。おいしー。
これはお取り寄せ決定です。

後は定番のここへ行きました。
鶴屋吉信 本店のお菓子作り実演。誰をお連れしても喜ばれます。
DSCF0936

和ロウソクが欲しいと言う事で、このすぐそばの中村商店
DSCF0940

今回、案内はここまでで東京へ帰らはる人達をお見送りし

実家で4泊中、
母の白内障病院めぐりやその他役所周りなどし、

京田辺の山に畑を持ったはる人達と山へ遊びに行き、
農民の持ち寄り弁当や焼き芋をし秋を感じたのが楽しかったです。
DSC09774

最終日は同級生や友人たちと共に食事を。

祇園の南座で待ち合わせをし
まずは【きなな】で甘いものを食べDSC09814

DSC09816

縁切り神社でくぐりました。
DSC09804

ここはおふだに縁を切りたいことを書いてこの白いオブジェをくぐりますが
おふだには(肥満)と書いておきました。

その後。
お知り合いがシェフをしている京都イタリアン【イルギオットーネ】でランチ。
DSC09828

八坂の塔のすぐそばだったのでゆっくり下りていき、近況を語り合い、
話足りない、呑み足りないので河原町のミュンヘンで夜までビールを飲みながら語り合い夜8時の新幹線で東京へ戻ってまいりました。