AX 目の出るだるま,お守り,天龍寺,冬,庭園




天龍寺(嵐山)の名物お守り【目のでるダルマ】と拝観料

嵐山、天龍寺名物?「目の出るだるま」のお守り。そして寒い寒い日の庭園めぐり、残念だった拝観の模様など・・


______________________

お守り収集家、お守りフリークの間で
ちょっとした話題になっている目の出るダルマ
お守りの域を超えていると評判。

DSCF1730

DSC00480

2代目を購入しました。
1つ目も携帯につけていたんですがいつの間にかお別れしてしまって、
天龍寺に再度行った時にまた買いました。

携帯ストラップにした時人に気付かせやすい鈴が付いているので、
何の気なしに話のネタになります。

「これね、傾けてみて・・ほら」

DSC00482

「あっ目が出た!」

「そう、目が出ますように・・・ってこと

それだけ違うよ、この穴覗いてみ」

天龍寺(嵐山)の名物お守り【目のでるダルマ】と拝観料DSC00483

「あっ龍の絵!」

「そう、天龍寺にはドラゴンの天井絵があるん」

「へ~~~面白い」

こんな風に。
へーくらいで話が次に移る時もあれば、ずっと眺めたり触ったりしてくれる人もいて。特に知り合いの子供には受けます。

入口入ったらすぐにあるこの絵のクリアファイルも入手。
禅寺のスター達磨大師です。

天龍寺(嵐山)の名物お守り【目のでるダルマ】と拝観料DSCF1733

ここからちょっと文句ぎみになりますよ。

2回目行った時に拝観料を払うところが仮設みたいな建物になってて(あれれ?こんなんやったかな?)と思ったんですが気にせず拝観料500円を払って中へ。そしたらお堂(大方丈)を修復中でシャットアウト。全部の建物が封鎖ぴし~って扉閉め切られてる・・うわこれないな

DSC00297

なので入口を靴脱いではいるこの入口がないので
ぐる~と横から回ってお庭に向かいます。

(これは前回の写真)

DSCF1734

天龍寺はお庭は有名で素晴らしいんですけど、お堂をしめたはって
木造釈迦如来座像も襖もなにも見れない通れない。
(これは前回の写真この廊下もなし。)

天龍寺(嵐山)の名物お守り【目のでるダルマ】と拝観料犬雪 117

ほんとのお庭だけの観賞です。

DSCF1736
建物の中から眺めるのがいいのに・・・。
しかも庭園に人が細道に集中して詰まって進めない。
お天気もどんよりの冬の寒い日だったので景色も殺風景です。
かろうじて色ものはこの梅だけでした。
DSC00299

あぁ・・・寒いし人多いし ほな【雲龍図】見にいこか。
と移動したら
また!ここでも拝観料別料金で500円。
雲龍図だけで500円

ここでぶつくさ始まる。

「いろいろ行ったけど
修復中だったらもう少し安くすればいいのに」
「入る時に言うてくれたらいいのに・・・お参りできない寺なんて、庭園だけか」
「誘導する人が誰もいなくて渋滞してたなぁ」

しかも雲龍図の建物のわきには
工事のものとか乱雑に積んであって。

他の人も これはないと嘆いてました。
前のカップル、2人分払う彼氏も「せっかくだし。」
と言いながら(えこれで2000円??)って顔。

例えば禅寺の雲龍図でいうなら
妙心寺も同じ500円だけど、ちゃんと説明する人がつくし
お堂から出た後も寺内の江戸時代の浴室とかまで案内してくれる。

祇園の建仁寺さんの雲龍図だって500円だけど写真取り放題、
お堂もお庭もみ放題。

高いなりの配慮がないな、天龍寺。
観せるを忘れ拝観料を徴収する人だけが忙しそうにいる。
温かみがない。

人がいるのは精進料理屋さんと拝観徴収窓口とグッズ売り場だけ・・・金金金か?・・さっきの受付の人、しかも雇われっぽくて何聞いても私関係あらへんみたいやったなぁ。」

もう天龍寺はいいわ。
今度からは入口のこの見事な蓮だけ無料で見に来ることにします。

(これは夏ごろの写真)

2006 5 059

今、天龍寺のホームページを見たら
https://www.tenryuji.com/info/2012/12/post-5.html

諸堂(大方丈・書院・多宝殿)が改修のため参拝休止
なお、工事期間中は特別に法堂(雲龍図)を毎日公開いたします。
参拝休止 期間 : 平成24年12月10日(月)~平成26年3月末日

って書いてあるけど、
その代わり特別に見せてあげるよ言いつつ
特別に500円別にとったはる。

追記_______________________
2代目の目のでるダルマさん、左目が出にくい。
なので買う時に目を出し入れして確認してから買うのがいいと思います。