仏教聖歌&せいかしょう&ゴータマ・シッダールタ&

「お釈迦様はヒマラヤのふもとで
2500年前に生まれはったんよ。インドの人な」

お釈迦様のお誕生日4月8日、
お花見&花まつり(灌仏会)の日に
近所の幼稚園の子達にお坊さんが説明したはった。

DSC02081

こういう光景は東京ではなかなか見られないので
ほほえましかったです。

高校が浄土宗の本山の知恩院にある学校
華頂やったんですけど
4月8日の花まつりの日には大きな行事をやっていたのでとても馴染みがあります。
甘茶かけた、飲んだ。花の舞みたいなのもあったし、生徒が葉っぱまいて歌いながらぐるぐる回る。。わからず見た人はかなり怪しい雰囲気やろね。

せいかしょう」という仏教聖歌の本
花祭りの歌より。
130404_085308

キリスト系の学校ならミサで聖歌ですが
それと似た仏教聖歌を毎日授業の前に歌っていた。

「いまささぐ」「月影」や

「帰敬文」という独奏でオペラみたいに歌うやつとか
(どせずんば~♪)って歌詞っ
どういう意味やろ?みたいな。

「 四弘誓願」っていう暗い暗い泣きそうな歌もあったなぁ。
こんなん歌ってから授業受けてたんや。

「三帰文(パーリ文)」
(ぶっだ~ん さらな~ん がっちゃーみー♪)
みたいな日本語と違う歌詞の・・・

いやっこれは動画があった

わ、わ、わ、これ怖い~

当時は、意味も分からず
でも真面目に歌い踊っていた気がする。
悪もヤンキーも皆、悪ふざけせず真面目に歌ってたなぁ。

あと「一枚起請文」という念仏?
あれもいまだにハミングで全部言えるもんね、
毎日言うてた。

rule

仏教という貴重な科目もあって
今やったらとても受けたい授業だけど
あの頃は・・・ぜ~んぜん、覚える気ゼロやって
もったいなかったな。

そんなことを思いながらこの歌本を眺めているのです。

130404_085354