知恩院さんの呼び方は(ちよいんさん)で良かった!

年末ですねぇ・・年末といえば除夜の鐘。
除夜の鐘といえば京都の知恩院さん。
お坊さんが仰向けになって鐘を突く!バックドロップ除夜の鐘(名づけbyみうらじゅんさんだったかな・・)が有名です。

キャプチャ

IMG_0868

正式には知恩院(ちおんいん)
だけど私 小さいころから(ちよいんさん)て言うてて
この知恩院の中の学校に通っているときもそう言うてて
東京に住むようになって・・いや、もっとか、
寺社仏閣めぐりをするようになって初めて
「あれ?ちお? ちよ?・・言い方間違えてた?」と気が付いたですが

それで今なにげに
知恩院のウィキペディアを見てはっとした!

今も京都の人々からは親しみを込めて
「ちよいんさん」「ちおいんさん」と呼ばれている。

って・・ちょっと、おーてるやん(嬉)
言い間違えではなかったと変に納得するのでした。

知恩院さんはなんでもスケールがデカいね。
これは入口の山門で
IMG_0873

こんな階段上ってやっと本堂です。
DSC03391

IMG_0864

ちなみに足の悪い人は上まで別ルートで車横づけできます。

キャプチャ

___________________

お寺、神社は(正式名)と(通称)と(京都人の呼び方)が違うのでややこしい。

お隣の八坂神社のことは地元では祇園さんと呼ばれてて
お寺でも神社でもさんづけが多いです。

京都の人はなんでもさんを付けますが、つけないのとつけるのがあります。
関西一般に同じだと思いますが

この前ドラマで女優さんが京都弁のセリフしゃべったはって
「ちょっと!そこのお鍋さん取って!はよはよ」
って・・・?? いわへんいわへん、お鍋にさんはつけません。
そこはお鍋、または鍋、呼び捨てでいいのです。
キッチングッズには付けない、
だけど、おあげ、お芋にはさんをつけてあげてね。

さんづけは
親しみを込めている場合と、尊敬の感情の場合、嫌みの場合と
いろんな意味と含みがあって
これは他県の人に説明するのは難しい。

他県から、たとえ東京(江戸)からでも
京都に来る人の事を今でも(おのぼりさん)っていう人がいて、これはいい意味ではないですね。

京都人に寺社や京都の食材のうんちくを語りだす旅行者の事ですが、
(いや、なんでもようご存じですねぇ)と言われて褒められていると思っている人、陰でおのぼりさんって言われてるかも。

あと変身さんというのもこの前聞きました。
舞妓のコスプレをして観光している人の事です。
舞妓体験と言わずコスプレといってしまう私もちょっといけずかなと思いますが・・タクシーの運転手さんが言うたはったんですが「若い子や外人さんはええけど、トウのたった変身さんは勘弁ですわ~笑」って。

 

生粋の京都の年寄りは京都が今でも日本の中心で
京都に上がってきて他県へ下るイメージをもったはり
東京は天皇さまの仮のお住まいでいつか戻ってくると思たはり・・。
対抗意識というか、もいっこ上から目線、対抗する気もなくて。

「上京」「上方」など昔の名残の言い方がありますが
昔の年寄りは先祖代々からの言い伝えと、幕末のほんの100年前まで長いこと京都が都だった、総本山などは京都にあるなどから意識が変えられないんやね。
応仁の乱を(こないだの戦争)って言うたはるくらいやから、100年前なんか(おとつい)くらいの感覚なんですね。

上京(都に上がる)というのは今では東京に出ることを言うんですが京都人は言いません。
若い頃の私でさえ京都から東京へ引っ越したときは上京という言葉に抵抗があって使いませんでした。さすがに(東下り)とまでは言いませんでしたが。

電車でのぼり、くだりって言いますが
あれは今では東京に向かってのぼり、京都は下りなんですよ。
首都に向かってのぼり、くだり。
京都の人は、この言い方は使わないでしょう、きっと。

でも少しフォローすると、自分たちが偉いと威張っているのではなくて、京都の歴史、文化を大切にしている、誇りをもっているという事でそこは愛国心と似たものがあるような気がします。

去年、今の天皇さまと美智子さまの意向で
「私達はお墓は東京で、土葬じゃなく火葬、二人同じところでいいです」
と発表となった時、愛京都の知人は
(えなんで??)って意味がわからなかったようです。
それでもまだ「いや意向やから、正式決定じゃないから」と信じていません。

そういう話が面白おかしくて絶えないから、
京都人の謎本っていっぱい出てる。
   

______________

話は戻って年末といえば除夜の鐘の知恩院さん

知恩院さんのメインのお堂【国宝・御影堂】が今、
大修理中なのですが
https://www.chion-in.or.jp/13_mieido_daishuri/index.html

キャプチャ

完成はまっだまだ先です。
昔はもっともっと何年もかかったんやろね
一気に閉めて一気に修復とはいきません。

IMG_0864

でも平等院は早かったね、あそこは塗り直しだけやったかな?
閉めたと思ったら開いた。

スペインのサグラダ・ファミリアよりマシです。
既に130年経ってて完成は2026年予定という事だけど
いやいやもっと伸びると思う、あと100年は堅いね。

ちなみにサグラダ・・をサクラダだと気が付いたのはそう昔ではありません。
やはり私の人生、圧倒的に言い間違えの思いこみほうが多いかもしれない、
死んでも気が付かない思い込みもたくさんあろうかと思う。