三条通は高級チョコ激戦区、ジャンポールエヴァン京都

三条通の堺町らへんはチョコレート通りと言われているらしい(産経新聞より)

レトロな洋館やしゃれた雑貨店などが立ち並ぶ、京都有数の大通り「三条通(さんじょうどおり)」が、和菓子ならぬ、“チョコレート通り”と呼ばれ始めている。最もにぎわう一角に、「ジャン=ポール・エヴァン」「ベルアメール」「マリベル」といった国内外の有名高級チョコレート店の路面店や日本1号店の出店が相次ぎ、全国から女性客が訪れているのだ。背景には、「京都で成功すれば一流の証」という、京都ブランドへの絶大な信頼があるようだ。http://www.sankei.com/west/news/161126/wst1611260032-n1.html

クロワッサンが人気の「ポール」もこの通り沿いにあるので
フランス通りとも呼びたい。

イノダ三条店もあるのでハイカラなカフェ通りでもある。

その「ジャン=ポール・エヴァン」「ベルアメール」「マリベル」とハシゴしてきたときのことを。

ジャンポール エヴァン(JEAN-PAUL HEVIN)は東京なら伊勢丹新宿のデパ地下やミッドタウンにありますが、デパ地下の中でも異質です、個室の高級宝石店のようなあのお店、温度調節の為に入場制限をしているあそこ。

その日本初路面店が、京都三条に2016年10月25日にオープン。
なんと東京ではなく京都に旗艦店とは・・よっぽど京都が好きなショコラティエなんだろうと。どんな和な感じかと期待したんですが、意外に洋風、外観は普通でした。

あら写真がブレブレ

カフェには待ちが出ていたので買うだけ。

奥にもう一つ扉があり入っていくと
そうそうこんな感じで、チョコレートを選ぶと、手袋をしたお店の人がピンセットでつまんで出してきてくれます。(写真許可得済)

このような柚子を使ったものとか

京都の白みそを使ったものなど

チョコバッグ

エッフェル塔

せっかくなので京都限定メニューを購入

Mousse au chocolat miso
ムース オ ショコラ ミソ  (699円)

ビターチョコレートの器に白みそ入りのショコラムースです。

実食はホテルでしたのですが

いわれてみれば、後味がほんのり白みそ味かも?塩気は感じましたが
濃厚なチョコレートの味が勝ちます、味噌はどれくらい入っているのかな?

高級チョコはやはり舌ざわりや最後の後味までの繊細さを感じます。
煎茶と一緒にいただきました。

_______________

次に行ったお店、「ベルアメール」はジャンポールエヴァンから1ブロック先の反対側。こちらもデパ地下ではお馴染みですが京都別邸と名の付くちょっと特別な感じでこちらは和!でした。次のページにて。https://www.kyoto34travel.net/archives/%e3%83%99%e3%83%ab%e3%82%a2%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%83%ab.html