AX 京都のもう行きたくない神社とお寺、縁結びがキーワード




京都のもう行きたくない神社とお寺、縁結びがキーワード

だんだんあれやね、
行きたくないとことか、
もうここはええわって場所がはっきりしてきます。
お寺とか神社にもそれがある。

地主神社、
この日は早朝8時にいったので誰もいなかったけど
京都のもう行きたくない神社とお寺

清水寺の参道を上がったところにあって
お昼ここはいつもすごい列なんです。
縁結びで人気の神社だという
あーー縁結びか。

なんか建物がセットっぽい、雰囲気に重みがないかな。
キャプチャhキャプチャc

そうだ、嵐山の野宮神社も縁結び。
歴史があったとしてもなんかきゃぴきゃぴしてる。

もうひとつこの前、行かなきゃよかったと思ったのが鈴虫寺
鈴虫寺 (2)

ここも縁結び。

苔寺拝観のあとに
せっかくここまで来たのだから・・と行ってみたんだけど

中にはいると若者でいっぱい!へ~辺鄙な場所なのに
バスが到着したらみな続々と鈴虫寺へ向かっていました。

ここまでは文句もなかったんですけど

DSC01406鈴虫寺 (3)

拝観料を払ったあと 「はいはい 静かにこちらへ上がって・・」
と誘導されるがまま入っっていったら、えっ合宿所??
ギャルと一緒に道場に詰め込まれて説法をきかされて
突然すぎて 絶句。

説法じゃなく説教なんですよ、完璧わかむけの。
「厄をなめたらあかんよ!この前 あの人もあの人も死んだ」とかそんな話。
年配の人が行っても同じ話するのでしょう。
もう厄すぎたし関係ないし・・って人ここへも詰め込まれている。

和尚さんは毎日何度も同じことを言うんだと思いますが
言葉が滑って何を言うてるのか聞き取りづらく
なんか自分の思いをしゃべったはるのはいいんですけど、ちょっとお寺の説法にしては我が出すぎてます。細木数子が、もうそれ占いじゃなくて自分の気持ちを言うてるでしょ・・みたいな。良いことも言うたはるんやけど(それ当たり前だし)みたいなこと。

何度途中で出ようかと思ったか。
やはり同じ思いの人たちがいて、出て行った後その和尚さん、その人たちの事を罰当たりだとか、失礼だとか悪口ゆーてる。
やっぱりなんか違うと思って、そのあとに続いて出れば良かったんだけど、勇気がなかったんですね、私はお参りして庭園を見たかったんだけど我慢して最後まで居ました。

終わったらいきなり「お守り何個ですか?」って聞かれて、えっ。
どうやら皆このお守りを買うのが目的のようで。

修学旅行か団体ツアーみたいにぞろぞろと歩くのがとにかく嫌いなんで
人が少しひいてからお庭に出ようとしたら
「まだなにか御用ですか?」っていわれた。
ゆっくりしていたら次のグループを道場に入れられないからですね、
とっとと出ろと言われたお寺は初めてです。

自由にお寺を参拝できないなんて行った意味がない。
ぞろぞろぞろ~って
ご本尊がどこにあるかすらわからない混みよう。

お隣の苔寺も先にお堂で誘導されるんですけど
拝観前にちゃんと何があるかの説明があるし
順番さえ守ればどんだけいてもいいし、
どこへ行くのも自由だし参拝者の意向をちゃんとくんでくれます。
はよ出ろとかお守りは?なんか言われないです。

洗練された苔寺。若向けの鈴虫寺。
縁結び恐怖症、
そんな感じです。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする