AX 本家月餅家直正,月餅,和菓子,木屋町,三条,キルフェボン,売り切れ,混雑,寒い




木屋町寒さに凍え散策、キルフェボン、月餅

寺町二条から京阪電車に乗ろうと思って三条駅まで歩いた。

秋の11月半ばの木屋町 この時は紅葉シーズンちょっと手前といったところ

昔、一点透視図法って習ったな。

「キルフェボン」でフルーツタルトを買って帰ろうと思ったんだけど
日曜ってのもあり大混雑。諦めました。

あっそうだ 月餅!「本家月餅家直正」

ここの栗蒸し羊羹をおすすめされていたんだった。

午後4時 売り切れていました。

帰ろ。

それにしても京都は寒い。
耳が痛くて痛くて、
足にホカロン入れてたのに冷えて冷えて。
秋の11月中旬なのにこれなのですから
真冬の京都はほんとに勘弁、きっとカチカチになって死ぬと思う。

寒いのダメなんです。頭が回らないし呂律も回らない
寒いと泣けてくるんです。

電車に乗り込んでぼ~~~と
温まるまでぼ~~~となってました。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする