AX 京都のパン,京都,志津屋,名物,目新しい,京都のお土産,八条口,あんぱん




「SIZUYAPAN」のアンパン消費期限、京都人に渡してはいけないなど。。

「志津屋」といえば京都、あそこのカルネは帰省したら食べてます。あれ、1日3000個売れるそうですよ。(byけんみんショー)

____________________________
キャプチャ

高校の食堂に志津屋が入っていて(おばちゃん~カルネ~!!)って叫んでたなぁ。

あれからん十年の歳月が流れ・・

今でも実家に帰れば必ず食べるカスクート、半分生で半分焼きで。シンプルながらも旨みがある飽きのこないおいしさ。

東京にないんですよ志津屋(泣)

その「志津屋」がプロデュースして「SIZUYAPAN」というお店を作り
高級アンパンを売り出したのが数年前。

これ、京都駅の八条口にお店があります。
パッケージといい、京都のお土産に最適、多分お店の人もそれを考慮して売り出したと思いますが。

いろんな種類があって
白玉のお餅が入っているのとかシナモン、柚子ってのもありました。

けっこう日持ちもします。1週間。
あんこさんなのに持つということは添加物とか気になるけど・・かわいいしいいか。
こんな大きさ。
DSC03112

DSC03110

5個買うと無料で この長い棒箱に入れてくれはる。
DSC03109

DSC03108

「SIZUYAPAN」は、創業65年を迎える京都のベーカリー「志津屋」がプロデュースしたあんぱん専門店。「志津屋」があえて注目したのが、京都の食材と和菓子の季節感を取り入れた「新しい京のあんぱん」

母に渡したら、なんや志津屋も色気づいてきはったなぁ・・
と。(笑) ようはコジャレさせるという事。悪い意味。

せっかく奮発したのに・・。カルネだけで良かったか。実家のご近所さんようにいくつか買って渡したのに、ぜったい皆同じことをいうはず。
京都人にこの高級アンパンは買って行ってはだめなんだ、
今後東京へのお土産のみにします。

この前、テレビで
京都はパンの消費量日本一っていってました。
湯葉とか豆ばっかり食べてるイメージだけど
京都は昔都だったころから新しいもん好きなので、流行りに敏感だとも言ってましたよ。

SIZUYAPAN(シズヤパン)
京都市下京区東塩小路高倉町8-3 JR京都駅 八条口アスティロード1階




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする