宇治で茶摘み【服部製茶場】&雲中トランプやっと入手

新茶の季節、5月に茶摘みがしたいという話が盛り上がり
宇治で茶摘み&平等院のプランを決行

宇治 茶摘みで検索して最初に出てきたのがこちら
【 服部製茶場 体験茶摘み 】

宇治駅からバスに乗って20分くらいの場所だったんですけど
バスなんでゆっくりってのもあります、タクシーだと10分くらいの所じゃないかな?
山道で下車すると、案内の服部さんが出迎えてもらいましたよ。 「宇治で茶摘み【服部製茶場】&雲中トランプやっと入手」の続きを読む…

お~いお茶 京都宇治新茶を新発売 

宇治茶100%のこのお茶
早速試してみましたが、甘みと渋みがマッチしてて美味しかったです。

しかし、ペットボトルのお茶はいっぱい出てて
競争激しいですね。

ほんの昔はサントリーウーロン茶ばっかりでしたけど。
緑茶、ブレンド茶、ほうじ茶、麦茶・・・・出しても出しても売れるってことでしょうか?

「お~いお茶 京都宇治新茶を新発売 」の続きを読む…

一保堂茶舗のいり番茶 (東京のデパ地下にて)

京都のお茶といえば老舗の一保堂(いっぽうどう)さんが有名で
東京のデパ地下でもよくみかけます。


〈一保堂茶舗〉銘茶詰合せ

一保堂っていえば急須で手間かけていただく
高級っぽいお茶を売っているイメージですが
実はこちらに番茶が売っているんです。

表には堂々とはおいてはりません。
「番茶ありますか?」と聞いたら奥からすーっと持ってきてくれはる。

番茶は畑に残った大きく成長した葉や枝、
煎茶の製造工程ではじかれた大きな葉を開いたままの状態で乾燥させたもので
高級の逆、、お安い。

他の地域ではどうだか分りませんが
京都では番茶は庶民のお茶でして
いつもたくさんやかんで沸かして
子供のころは のど乾いたら番茶をがぶがぶ飲んでました。

この番茶を買って電車にのると・・

袋から漂う番茶の香り
「なんの匂い~?」しかめっ面されるおそれがあります。

276a85fb

独特の焦げ香・煙臭 飲み慣れてない人は
これはお茶の香りではない
たき火くさい、タバコくさいと言います。

京都の二条本店で買って帰って来た時も

ネギやら番茶やらスーパーの袋のまま戻り新幹線に乗り込むので
周辺の席の人に臭いと思われないかハラハラした覚えがあります。

京都のディープ【電気食堂 こいのぼり】【お茶漬けバァー英楽】

四条木屋町から細い路地の奥に入りにくそうな居酒屋がある。
ここが居酒屋なんてだれも思わない・・

四条通りから木屋町に入って、100m上がると東側に看板が見え
入口はひっそり、入ったら薄暗い、
活気があって賑やか。でもほっこりゆっくり飲める・・・

ある本にそう書いてあって。

だいたいの場所を確認したんですが
え~聞いたことない。どこやろ~?
電気ってつくのは浅草の電気ブランという雑種を思い出しますが
昔 【でんき】というのはモダンなものに名づけるおしゃれな言葉だったと聞いたことがあります。

ネット検索してもあんまり情報が出てない、閉めはったか?
よけ興味でてきたんですけど・・
来月 帰省した時に覗いてみます。

情報薄な中、ある方の食事の感想を見ると

メニューは
鴨と九条ネギのサラダ、
なまゆばとなまふのあげだし
など、ちょっと京都の専門店で食べたらええお値段しそうなおばんざいを
リーズナブルで味わえるような。

他には地獄豆腐、地獄焼きそばなど おどろおどろしい名前のメニューもある。
ピリ辛と書いてあるが、絶対火ふくほど辛いに違いない。

四条木屋町~三条木屋町から路地に入るとディープなお店いっぱいありますよね。
私のお気に入りは

「お茶漬けバァー英楽」夜9時から開店
https://www.kyoto-np.co.jp/kp/koto/kiyamachi/sasae/eiraku.html

お茶漬けバァー英楽さんだけで沢山ネタがあるので
またゆっくり書きますが、

店内は色んなもんが飾ってあっておもしろいです。
マスターも個性的でもすごくええ人で
もちろん 名物のお茶漬けがおいしい。
色んな種類あります。

たまにしか帰省しないので木屋町・先斗町へ行けばついついハシゴしてしもて
気がつけば朝・・

柳桜園茶舗と一保堂茶舗の本店めぐり

一保堂茶舗のお茶といえば京都のお茶の代名詞みたいに言われていて
いまやどこの百貨店でも店舗があるくらい有名ですが、
こないだ寺町二条にある本店に行ってみたら横にこじゃれた茶房があって
観光客がぞくぞくと訪れていて今もなお活気がありました。

柳桜園茶舗(りゅうおうえんちゃほ)と一保堂茶舗の本店めぐりe9c07a76

午前に行ったんですが今回はお連れしたお客様が大量に買わはったこともあり
家に配送するために入って左横、
カフェとは反対側のテーブルで手続き等で長居させていただきまして、
その間に、あれやこれやいろんな高級茶を味見させていただきました。

やっぱりプロが入れると違うのかな?温度や出すタイミングなど
「ほんとはこう飲んでいただきたい」とこだわって入れていただいたので
めちゃくちゃ美味しく感じました。

感動したのは、私が外で飲むように持っていた魔法瓶に駄目もとで
「ほうじ茶を煎じてこれから飲むように入れてくれませんか?」ってお願いしたら
買ったのとは別のお店の美味しいほうじ茶を入れて持ってきていただいたこと。

この後観光タクシーで大原と比叡山へ行ったんですが
道中ほっこりまったりこのお茶をのませてもーて。

この一保堂茶舗も有名なのですが京都人の特にお茶にうるさい人たちに人気のお茶屋さんが
このそばにもう1軒あります。御幸町二条を西に入ってすぐの所

柳桜園茶舗(りゅうおうえんちゃほ)

柳桜園茶舗(りゅうおうえんちゃほ)と一保堂茶舗の本店めぐりc9f8f5b0

こちらも老舗で
一保堂より好きという人も多い。

京都人同士でもちょっと手土産にここのお茶を持っていくと
ツウな感じになるとか。

お店の中は狭いですけどお茶の上品な香りが立ち込めて和のアロマ
気分がよくなります。

味比べをしようとこちらでもほおじ茶を。
お抹茶も有名みたいで味見でいただきましたが、とても独特な
渋みと甘みがあって これが高級なあじなんやね~って言いながらいただきました。

本店のええ所はお茶も挽きたて作りたてということがあります。