京友禅の染め過程ギャラリー&工房へ【古代友禅苑】 

ジャワの更紗(バティック)に興味があり
バリ島の工房で染め体験をしたことがあったのですが
日本の京都の染め物【京友禅】と作る過程で似ているところがあるな~と思いました。

今度は京都の工房見学&体験をしてみたいと思い

【古代友禅苑】という所へ
「京友禅の染め過程ギャラリー&工房へ【古代友禅苑】 」の続きを読む…

和蝋燭(和ろうそく)普通のと何が違う?

和ろうそくというと碇型で真っ赤なもので
繊細な手書きの絵が書いてあって、火をつけるとメラメラ揺れながら燃えるあれ。
あのいかり型はロウが垂れても見苦しくないように計算された形だそうです。

なんか心奪われるかわいさで京都の店先などで見つけるとつい立ちどまって見てしまいます。
1

和ロウソクの炎を見つめていると、アルファー波が出て、
精神安定作用を促し、心身をリラックスさせるという。

この和ろうそく、結構なお値段しはる。
普通のロウソクに比べ持ちがいいかというと、
それほどでもない気もするんですけど何がそんなに高いのか。

手間と原料です。
普通のロウソクやキャンドルは石油から 
いわゆるパラフィンロウソクですね
一方、和ろうそくは植物から出来ている。
「櫨(はぜ)というウルシ科の落葉高木の実を搾って乾燥させた
「木蝋(もくろう)」を主原料だそう。

石油が原料だと部屋で燃やし続けたら煤で黒くなってしまう。
お寺さんなんかのお堂で黒く汚れていないのは和ろうそくを使っているからでしょう。

蜜ろうそくと同じく、植物性の和ろうそく。
もったいないので火を付けないで集めてみることにします。

    

五山の送り火のあと、松明の炭(翌朝の炭拾い)

大文字 五山の送り火で使用したあとの松明の炭は
無病息災・魔よけになるそうです。
お守りとして玄関などに飾ります。

五山の送り火の翌日早朝に山に上ったら
だれでもいただけるという。

五山全てOKで無料です。

送料無料!京都五山送り火 解説本

ただ、一般人が登っていける山、そうでない山があるので
行く前に確認したほうがいいですね。

最近は、この炭をもらいに行くのが知られてきて
人気のようで、行ったらもうなかった・・
など聞きます。